転職する時はキャリアコンサルティングサービスが役に立つ

いろいろとブライダルエステ > 転職 > 転職する時はキャリアコンサルティングサービスが役に立つ

転職する時はキャリアコンサルティングサービスが役に立つ

看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネット上のキャリアコンサルティングサービスも役たちます。

 

実は、ナースむけの仕事紹介は、職安や求人雑誌にはけい載されていないケースも少なくないんですね。

看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートはこの点、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、たとえば、勤め先がどのようなムードか等も調べることも可能です。

 

 

転職の理由はどんなのが多いの?

できれば避けたい勤労条件に関するやりとりを任せられることもあるみたいです。看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がすごくの数います。

女ばかりの仕事ですし、イライラしやすいこともあり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する要因となる人もいます。大変な環境を耐えて働いてしまうと、体を悪くしてしまうので、早いうちに転職した方が吉です。キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も少なくないです。

能力を磨いておくことで、高収入を狙うことも可能です。看護師のやらなければならない仕事は職場次第なため、自分に合う職場を検討することは必要でしょう。内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が適している人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。

ナースが転職する際の要領としては、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。加えて、3ヶ月程掛けて念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。

急いで転職してしまうと、次も辞めなければならなくなることもあるので、自分の要望に合う仕事を丁寧に探しましょう。


また、やっぱりきになるのが転職後の給料です。

実際のところ、ナース(看護師)の場合、キャリアアップといった意味合いが強く、転職後は給料が上がるケースも少なくないみたいです。

参考:中途ナース募集では転職前の職場より給料が下がるの?

 

ただ、やみくもに転職先(病院)を探しても意味がないので、そのためには、自分の要望を分かりやすくしておくことが必要ですね。

 

 

ナースの転職に最適な時期は?

やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると不利にはたらくのかというと、沿うとは限りません。

自己PRのやり方次第では、意欲と経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)があるといったイメージをつけることも可能ですね。

ですが、働いている期間が短過ぎてしまうと、採用後、すぐやめると思ってしまうこともありえるでしょう。

 

看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、夏と冬のボーナスの後に人が動きやすいため、6月、1月あたりが狙い目です。

たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、勤労条件がよりマッチする勤め先を見つけるためにも、新しい職場ではたらくまでに3ヶ月は間合いを取って、熟慮していくのがよいです。

すぐにでも次の仕事場へ行きたい事由がある人以外は、人材募集が増加してくるタイミングまで経過を見守るのが望ましいです。

 

また、意外と看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志願の根拠です。

何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好印象となるように示すのは簡単ではないので、その辺も事前に考えておくことが重要です。

 

 

職場のミスマッチを避けるために気をつけること

病院などではたらく看護専門職がちがう仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、最初に、

・要望する給与や労働時間

・保険、休暇等の条件

をクリアーにしておくのが大切です。

 

ナイトナースはできない、充分な休みが欲しい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、望む職場環境は人それぞれです。

看護職は慢性的に人が足りず仕事は幾らでもありますから、不満がたまるような勤め先でがんばりつづけることはありません。

 

 

子育て優先の場合の対処法は?

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

 

ナースの場合、特に育児と仕事を両立させることが大変なので、

  • 夕方までの時間帯のみはたらけたり
  • 出勤する日の少なくて済む職場で働いたりすること

が探せると良いと思います♪

育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もいますが、お金がないと子育てに困りますので、ナースの資格を有効利用できる別の職を探したほうが良いかもですね。

そのへんは、自分の置かれた状況を考慮しながら決めてみてください。

 

 

ナース求人サイトの魅力は?

募集が始まっても、即日決まってしまうことも珍しくない厚待遇、好条件の特別な非公開求人についても、ナース転職サイトに申し込んでおけば、先に紹介を受けることも可能なのが魅力です。


求人募集の条件などを調べるだけじゃなく、募集している病院の雰囲気や直属の上司になる看護師長のキャラクター、有休だけじゃなく各種休暇に関する取得の可否、看護師の配置まで、詳しくリサーチしましょう。


転職支援を行う会社の集合型と言われる求人サイトについては、求人募集している病院や各種施設に費用負担をお願いするのではなく、数多くの看護師に登録してもらいたいナース向け転職支援会社サイドから費用等を得て切り盛りされています。

 

 

見落としがちな看護師の業務について・・・

担当の医師が行う診察とか治療のアシスタント業務。

それ以外に患者さんや家族のメンタルに対するサポートを実施したり、他のスタッフと患者とのコミュニケーションを円滑にするのも看護師の重要な仕事なんですよね。

 

みなさん、誇りを持って看護師(ナース)の仕事にあたりましょう!